HOME > 寺院・霊園
寺院・霊園

山本山霊園

越後八十八ヶ所の第七十三番である当山は、元慶五年(881)、真雅僧都により出羽国湯殿山大日坊の末寺として開山され、吉谷地内にありました。
天正年間(1573~92)に現地に移りましたが、本山が廃寺し神社となったため、延宝六年(1678)智山派五智院末となり、勝光院を證光院と改称。宥円僧都を中興一世としています。
境内に祭祀されている金比羅大権現は、讃岐国金比羅大権現が元禄元年(1688)当山に出開帳された折、不慮の事故発生のためそのまま当山に祀られたもので貴重な文化財です。
また、大日堂には湯殿山の末寺時代の御本尊大日如来(鎌倉期の作)が安置されています。

ご案内

法林山 證光院◆区画:全325区画/1区画5.46㎡
 (間口2.1m×奥行2.6m)
◆永代使用料 250,000円
◆年間管理費
 10,000円×5(5年分全納)
◆管理事務所
 法林山 證光院
 〒947 新潟県小千谷市本町1-14-11
 TEL・FAX 0258-82-2543

山本山霊園
マップ

新潟県小千谷市山本
JR小千谷駅より4.5km。車で約10分
関越自動車道小千谷ICより国道403号線を川口方面へ約3.5km


より大きな地図で 山本山霊園 を表示

このページの先頭に戻る

Copyright (C) Ishimasa Sekizai Corporation. All Rights Reserved.

Powered by ATTEND co.,ltd.